So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

iPhone使いフリーライター 小沢会見ネット中継に成功(J-CASTニュース)

 小沢一郎民主党幹事長が政治資金問題で検察から事情聴取を受け、直後にマスコミ向けに会見が開かれたが、その様子をいち早く伝えたのは、テレビではなく、フリーランスライターによるiPhoneからのネット中継だった。ボタン1つで簡単にできるといい、今後報道のあり方に大きな変化が起きる可能性がある。

 2010年1月23日、小沢氏が自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る問題で東京地検特捜部から事情聴取を受けた。聴取は14時から18時半まで4時間半にわたった。

■通信環境さえ整えば中継可能

 その後、同日20時過ぎに都内で会見が行われた。会場となったホテルに報道陣が詰めかけたが、テレビ局各社が出席し、現場で数台のカメラが回っていたにも関わらず、大手キー局で生中継が放送されることはなかった。そんな中、リアルタイムで現場の様子をいち早く伝えたのがフリーランスライター、畠山理仁(はたけやま みちよし)さんによるネット中継だ。

 ネットを使った会見の生中継自体は、ニコニコ生放送などでこれまでにも行われていたが、今回特徴的だったのが、一個人がカメラなどの撮影機器ではなく、iPhoneを使って中継をしたという点だ。

 中継は動画共有サイト「USTREAM」を通して行われた。同サイトからは09年12月にiPhone向けソフトがリリースされている。ダウンロードするとiPhoneのカメラからネット生中継ができるというもので、通信環境が整った場所でならどこでも利用可能。しかも無料だ。

 畠山さんは、会見が始まる少し前から中継を開始。動画を見ると、報道陣でごった返す様子がリアルに伝わってくる。約20分の会見も、一部途切れたもののしっかり中継。iPhone内蔵カメラのため画質は少々悪いが、小沢氏の音声はきちんと捉えているので、会見中継としては十分だ。

■上杉隆氏「もはや記者クラブシステムが事実上破綻した」

 この中継のURLを畠山さんがツイッターで知らせたところ、すぐに話題になり、

  「スマートフォン1つで世界中に小沢一郎記者会見を中継できる。すばらしい時代になりましたね」
  「オランダからも見させてもらっています。すごい!」

といったつぶやきが殺到。ネットでは革新的な出来事として捉えられたようだ。「記者クラブ問題」を積極的に扱ってきたジャーナリストの上杉隆さんもツイッターで

  「輝けるフリーランスライターの畠山理仁さんが小沢会見動画をアップ。この同時性と共時性。もはや記者クラブシステムが事実上破綻した、と宣言してみる」

とコメントしている。

■「加工されていない一次情報」増える

 畠山さんはiPhoneによる会見中継は23日の小沢会見が初めてだった。

  「ボタン1つ押すだけで生中継できるんです。これは押しちゃいますよね」

 バッテリーの駆動時間に不安があったため、補助バッテリーにつないで会見に臨んだ。

  「ニュースなどで報じられる内容は、生中継でない限り"編集"が加えられた後に提供されています。これは『生もの』ではありません。私はフリーランスにも オープン化された総務大臣記者会見にも参加していますが、『クロスオーナーシップ』の問題など、せっかく政治家が見解を話しているのに、なぜか大手メディ アが報じない場合もあるんです。これは国民にとって損なことではないでしょうか。
   気軽にできるネット中継からも、政治家がどんなふるまいをしたのか、会場の雰囲気はどうだったのかということがわかります。どんな情報でも有権者の判断材料になるんです。加工していない、生の一時情報に触れたい人には喜んでもらえるのではと思います」

と話している。


■関連記事
小沢幹事長、聴取後に会見 「不正な金受け取っていない」 : 2010/01/23
小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか : 2010/01/18
イラン美少女惨殺を速報 メディア変える「ツイッター」 : 2009/06/22
30日間の「リフレッシュ休暇」がとれる会社 : 2010/01/25
「お笑いブーム」ギャル界では↑ 理想の男性も「面白い人」 : 2010/01/22

「これで沈静化して」…民主議員、言葉少な(読売新聞)
大阪府4保健所、結核検診4割誤判定の恐れ(読売新聞)
普天間移設「法的措置も」 官房長官(産経新聞)
800円へのアップ検討=最低賃金で厚労、経産チーム初会合(時事通信)
東西本願寺、並んで協力要請 親鸞750回遠忌法要で市長に(産経新聞)

2千数百万詐取容疑で追送検=近未来通信元専務ら−警視庁(時事通信)

 IP電話事業「近未来通信」(東京都中央区)の投資詐欺事件で、別の投資家から2千数百万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は27日までに、詐欺容疑で、元専務日置茂(44)、元常務建石春雄(67)両容疑者を追送検した。
 送検容疑によると、2人は茨城県結城市の50代の農業女性に、「IP電話の中継局オーナーになると、毎月配当が得られる」と偽り、2006年4月から11月にかけ、計2千数百万円を詐取した疑い。 

【関連ニュース】
元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑
「ふるさと牧場」社長に懲役12年=和牛商法詐欺
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕
田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目-2億4000万詐取容疑・警視庁

女子高生のスカート 電車内で切り逮捕 奈良の会社員(産経新聞)
「無料お試し」宅配ビデオ、知らぬ間に利用料(読売新聞)
閣僚や民主のヤジは「最後っ屁」「破れ蓄音機」 自民・大島氏が批判(産経新聞)
青森県で震度4(時事通信)
覚せい剤で起訴の男性無罪=「第3者関与か」所持否定−名古屋地裁(時事通信)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。