So-net無料ブログ作成

鯨肉持ち帰りは「不起訴相当」 検察審査会が議決(産経新聞)

 調査捕鯨船「日新丸」の乗組員が鯨肉を個人的に持ち帰ったとして、環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)が業務上横領罪で告発し、東京地検が不起訴(嫌疑なし)とした乗組員12人について、東京第1検察審査会は不起訴相当と議決した。議決は22日付。

 検審は議決書で、乗組員の「共同船舶」社員12人が持ち帰った鯨肉は、土産や投棄、食料分だったと指摘。共同船舶が日本鯨類研究所から正当に所有権を取得し乗組員が持ち帰ることを認めたもので、業務上横領罪には該当しないと結論付けた。投棄分も所有権を放棄したものと認め、犯罪には当たらないとした。

 GPをめぐっては、乗組員が自宅などに送った鯨肉を運送会社から盗んだとして、GPのメンバー2人が窃盗罪などで起訴され、青森地裁で公判が進められている。

【関連記事】
グリーンピースが日本向け鯨肉輸出妨害 オランダ
グリーンピースの鯨肉窃盗 2月にも青森地裁で初公判
反捕鯨モンスターの影
遺伝子組み換え米、中国市場に流通? グリーンピース調査で発覚
彼らはフリーター?反捕鯨シー・シェパードの実態
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<龍馬>「いろは丸」ポルトガルから 通説覆す(毎日新聞)
氷川丸、荒波乗り越え80歳…横浜で祝賀式典(読売新聞)
青森県選管HP更新を放置、告示日掲載されず(読売新聞)
全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)
「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。