So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

アバターで成功するはずが… ネット上で展開されたマルチ商法の真相(産経新聞)

【衝撃事件の核心】80代も魅せられた虚構の世界

 高級シャンパンにオペラ歌手−。絢爛(けんらん)豪華な会員向けのセミナーは、華やかな未来への入り口となるはずだった。インターネット上の仮想空間でうその投資話を絡めたマルチ商法を展開したとして、埼玉県警が5月末、ネット関連会社の強制捜査に乗り出した。マルチ商法で集めたカネの総額は100億円以上。ネット上で日本列島を丸ごと再現するとうたっていたが、実際に再現されたのは東京・銀座や大阪・ミナミなどわずか4地域の寂しさが漂うだけの空間だった。(西尾美穂子、行場竹彦)

 ■換金できる仮想通貨?…寂しさばかりが漂い

 「もう1人のあなたのもう1つの成功ストーリーが今まさに始まります」

 そんな甘い言葉で始まるのが、特定商取引法違反(不実の告知)の疑いで埼玉県警の家宅捜索を受けたネット関連会社「ビズインターナショナル」(さいたま市)のPR用DVDだ。

 DVDは会員の勧誘時や同社主催のセミナーで放映された。

 東京都品川区のイベントホールで開催されたビズ社のセミナー。ビズ社は高級シャンパンを空けたり、オペラ歌手を招いたりするなどして会場を盛り上げた。参加した広島市の会社経営の女性によると、セミナーはまるでパーティーのようで、2時間並ばないと会場に入れない人もいたほどの盛況ぶりだったという。

 セミナーなどで放映されたDVDでは、軽快な音楽と最新技術を思わせる3次元映像をバックにナレーションが入り、ビズ社が開発中という仮想空間の魅力が最大限に語られる。

 「エクシングワールド」−。

 ビズ社が昨年6月までに完成するとしていた仮想空間の名称だ。ネット上で日本列島を丸ごと再現するとうたっていた。

 利用者はこの仮想空間の中で、「アバター」と呼ばれる自分の分身を自由自在に操り、以下のようなことができるはずだった。

 ▽愛車を使って高速道路をドライブ

 ▽アバターを通じて他の利用者と自由に会話

 ▽新幹線に乗って遠方に旅行

 ▽地方の有名な祭りへの参加

 仮想空間には、大手百貨店などが出店するため、ビズ社は仮想通貨で買い物もできると説明。そうした“何でもあり”の世界で、ビズ社がことさらに強調していたのが、仮想空間での商業活動だ。

 利用者は仮想空間上で出店したり、土地を売買することができる上、自分の所有する不動産に有名企業が入居すれば、莫大(ばくだい)な家賃収入が得られる−というのが大きな“売り”でもあった。

 ビズ社は、こうした仮想空間内での商業活動で得た仮想通貨が、現実世界のお金に換金できると宣伝。

 「現実の社会以上に美しく、負け組でも十分楽しい世界」

 これが、勧誘時の殺し文句だった。

 しかし、実際には、ビズ社が完成期限としていた昨年6月までに仮想空間は実現されず、10月になってようやく公開されたのは、東京の新宿、渋谷、銀座、大阪・ミナミの4地域のみだった。

 しかも、出店された店に入れないばかりか、アバターもまばらで、寂しさばかりが漂う小さな空間が広がっていた。

 兵庫県の会員の男性は「勧誘時の説明では、『札幌に行かなくても札幌雪まつりが見られる。東京に行かなくても東京の土産が買える』といわれた。映像もリアルで95%完成しているといわれていたが…」と肩を落とした。

 ■月収960万円?…ビジネスキットを買わされ

 ビズ社がこの“夢の世界”を広めるために展開していたのが、新規会員を獲得した会員に報酬を与えるマルチ商法だ。

 ビズ社は、顧客に対して、会員を1人獲得するごとに約2万円の臨時収入がある上、自分が獲得した会員がさらに新規会員を獲得すれば8千円、さらにその下が獲得に成功すれば5千円−といった報酬規定を設定していた。

 自分の勧誘から始まったグループが一定以上の人数に達すると、40万〜500万円の臨時収入が受け取れるなどの仕組みも用意されていた。

 集めた会員数によって会員はランク分けされ、最初は「エージェント」から始まり、2カ月間で10人会員を集めると「マスター」、20人集めると「ビジネスマスター」などとランクアップしていくシステムも構築されていた。

 ランクが上になるほど得られる収入は高額になり、エクシングワールドが運営を開始した後に支払われるはずだった分配金も、上のランクほど多くもらえることになっていた。

 会員の男性によると、最上級ランクを示す「トリプルプレミアムマスター」は5人程度しかいなかったという。

 顧客を勧誘する際には、こうした最上級会員の収入の明細書を提示。「平成20年4月の月間報告書をお送りします。下記口座に振り込み予定ですのでご確認ください」と上段に書かれた紙の下の方に書かれた金額は、なんと、約960万円だった。

 顧客は会員になるために、仮想空間を紹介したDVDなどが入った「ビジネスキット」を約40万円で購入していた。内訳は、勧誘を受けた会員への報酬代18万円▽登録料6万円▽オリジナルDVD1万4600円−など。

 2万4千円とされていたオリジナルIPフォンは、勧誘時には「使用すればエクシングワールドで他の利用者と自由に会話をできる」と説明されていたが、実際には使えず、市販の製品と変わらない機能だった。

 会員の男性は「家電量販店では同じような製品が3千円くらいで買える」と語った。

 ■「日本全国を歩きたい」…足不自由な女性の夢踏みにじる

 全国で約2万6千人が被害に遭い、被害総額も約100億円以上とされる今回の事件。

 国民生活センターに寄せられたビズ社に関する相談は、5月24日までに計1719件で、年代別では、20代の514件が最多だった。埼玉県消費生活支援センターによると、寄せられた相談は3月末までに計35件。うち20代と30代からの相談が半数近くを占めて若者が多かったようだが、被害者の中には足が不自由な80代の女性もいた。この女性は、「仮想空間で日本全国を動き回りたかった。現実には無理だから‥」と寂しそうに語った。

 なぜ、大きな被害が出る結果となってしまったのだろうか−。

 捜査関係者は「結局、マルチ商法なんだよ」とつぶやく。不信感を抱かれない程度に実現可能性を秘めた仮想空間という商品に、強引な勧誘。会員になってしまった人の中には、いったんは不信感を抱いたものの、知人会員に「なんで入らないんだ」としつこく誘われ、嫌われたくないから会員になった−というケースもあった。

 兵庫県の男性会員は、取引先の社長から紹介のあった女性会員に喫茶店などで何度も誘われ、「つきあいもある。むげに断れない」と入会した。

 この男性はこうした強引な勧誘について、「上級会員は他のマルチの経験者が多く、慣れているような様子だった」と振り返った。捜査関係者は、「マルチ商法でよくある水や水晶といった商品がインターネットの世界に代わっただけ」と解説する。

 ■実体ない会社を介在…資金の流れ不透明に

 ビズ社をめぐる動きは、昨秋ごろから慌ただしくなってきた。

 消費者庁は昨年11月、特定商取引法に基づき、ビズ社に一部業務停止命令を出した。

 2月には、東京国税局と関東信越国税局がビズ社など関連会社計3社に対し、90億円を超える所得隠しを指摘したことが明らかになっている。

 また、ビズ社をめぐっては4月末、神戸市や広島市などの会員17人が同社や関連会社などを相手取り、計約700万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こしている。

 さらに、埼玉県警が5月末、特商法違反容疑でビズ社など関係先16カ所を一斉に家宅捜索した。

 埼玉県警は当初、ビズ社の関係先として計17カ所を家宅捜索する予定だった。しかし、捜査関係者によると、家宅捜索の予定だった投資会社は、登記簿上の所在地に事務所はなく、実体のない会社だったことが判明。

 また、消費者庁が昨年11月に業務停止命令を出した際、ビズ社の関連会社としてシステム開発会社「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)とともに名前を公表していたシステム開発会社「I・D・R」(同)については事務所が存在せず、埼玉県警では当初から実体のない会社とみていた。

 消費者庁によると、ビズ社は仮想空間の3次元データなどのシステム開発をI社に委託し、I社がこの業務をフレ社に再委託していたという。

 県警では、ビズ社が複数の休眠会社を介在させることで、資金の流れを不透明にする偽装工作を図った可能性があるとみており、ビズ社の石原茂男社長とともに、I社社長やフレ社社長からも任意で事情聴取している。

 県警では、ビズ社には説明通りの仮想空間を開発する意思や能力がないにもかかわらず、虚偽の勧誘で信用させ、高額なビジネスキットを買わせていた疑いが強いとみている。今後は家宅捜索で押収した資料の分析を急ぎ、特商法違反容疑に加え、現金をだまし取った詐欺容疑での立件も視野に捜査を進めていくとみられる。

 ある男性被害者は、「警察には資金の流れを明らかにするなど、事件の全容を解明してほしい」と捜査に期待を表明した上で次のように吐き捨てた。

 「こんなに人をバカにした話は許されない」

【関連記事】
ペーパー会社が複数介在 仮想空間マルチ商法
「仮想空間」マルチ商法 特商法違反容疑で一斉捜索 埼玉県警 
大阪の教材マルチ商法企業に業務停止命令 プロチームの知名度利用か
若者の心理をつく“マルチのカリスマ”らの巧妙手口
聴覚障害者狙うマルチ商法詐欺 「ヴィヴ」幹部ら有罪判決
「はやぶさ」帰還へ

<詐欺罪>山内議員元秘書、詐取1件認める 東京地裁初公判(毎日新聞)
<火災>住宅1室全焼、女性死亡 大阪・高槻(毎日新聞)
社会保障維持は困難でも費用負担増は嫌―少子化で社会人意識調査(医療介護CBニュース)
電子書籍を利用しない理由(Business Media 誠)
<岡本倶楽部>ホテル側に5500万円賠償命令…東京地裁(毎日新聞)

<四日市市議>ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」(毎日新聞)

 三重県四日市市の諸岡覚市議(39)=民主、2期目=が、自身のブログで口蹄疫の感染拡大に対する宮崎県と政府の対応を批判し、「知事と農水大臣は腹を切って死ぬべきである」と記述していたことが22日、分かった。記述はすでに削除されたが、諸岡氏は毎日新聞の取材に「不見識な発言で、深く反省している」と話している。

 諸岡氏によると、ブログは20日夜に書き込み、県の対応を「第一号の感染牛を見逃して一ケ月近くも放置した県は万死に値する」「あんな判(わか)りやすい病気を『ただの発熱』と処理した。バカじゃないかと」と酷評。「県から要請を受けても放置していた国は同等のバカだ」と政府の対応も批判し、最後に「腹を切って死ぬべきである」と締めくくった。

 直後から読者の抗議が殺到したため、約1時間後に記述を削除したが、批判メールは翌日までに1000件以上に上ったという。

 諸岡氏は「口蹄疫を見極めるのが難しいにもかかわらず、不見識だった」と陳謝した。「腹を切って死ぬべき」との表現については「決めぜりふとしてたびたびブログで使っており、文字通りの意味ではない」と弁明している。【井上章】

【関連ニュース】
口蹄疫:自慢の息子が…絶句 「忠富士」育ての親
口蹄疫:事態の早い終息祈る 種牛殺処分
口蹄疫:スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃
口蹄疫:殺処分対象の種牛49頭延命を要望へ 東国原知事
口蹄疫:日本相撲協会が宮崎県に500万円

女性車掌が気にくわない…つば吐いた43歳男逮捕(産経新聞)
プライマリ・ケア学ぶ学術大会、6月開催(医療介護CBニュース)
<糖尿病>学会が新診断基準決める 確実に早期発見しやすく(毎日新聞)
琵琶湖 ブラックバスでペットフード…沖島の住民が開発(毎日新聞)
新年金制度 基本方針案の全容判明 抽象的であいまい 最低保障額明記見送り(産経新聞)

<憲法改正>国民投票法施行で記念集会 野党の30人出席(毎日新聞)

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法が18日完全施行されたのに合わせ、超党派の記念集会(実行委員長・中山太郎元外相)が同日、国会内で開かれた。自民、公明、みんな、新党改革の野党4党国会議員ら約30人が参加したが、与党側からの出席はなかった。「衆参両院に設置された憲法審査会を早期に始動させ、憲法改正を実現するため、各党各会派の連携を強化すべきだ」との緊急アピールを採択した。中曽根康弘元首相は「国民に憲法改正の機運を醸成することが大事だ。最近の情勢をみると、われわれの努力が足りない」と議論の停滞に危機感を示した。

【関連ニュース】
国民投票法:18日、完全施行 目立つ機能不全
憲法改正:国民投票法施行令を決定
憲法記念日:「改憲」「護憲」各地で訴え
日本国憲法:「改憲に期待」50%…毎日新聞全国世論調査
社説:国民投票法施行 成熟した論憲の好機に

乗鞍スカイライン 除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)
<COP10>「10月に名古屋」覚えて 地元の認知度7割(毎日新聞)
国会議員らが介護保険の公費負担などで公開討論(医療介護CBニュース)
「生産者の無念、尋常でない」口蹄疫で東国原知事(読売新聞)
<遺伝子組み換えナタネ>港から国道沿いに自生 愛知で確認(毎日新聞)

徳之島でレッドカード 自民が内閣退陣迫る(産経新聞)

 自民党は7日、鹿児島県・徳之島の3町長が鳩山由紀夫首相に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の訓練を含む一部機能移転を拒否したことで、普天間問題の5月中の決着は困難になったとして内閣退陣を迫るとともに、週明けの国会で集中審議の開催などを求めて与党を揺さぶる方針だ。

 谷垣禎一総裁は7日夕、記者会見し、「誠意ある政府案の説明がないまま突然、部隊の受け入れを求められても、(徳之島の)町民が拒否するのは当然だ」と語った。

 さらに「鳩山首相は、4日に訪れた沖縄でイエローカードを受け、今日の徳之島(の町長の拒否)でレッドカードとなった」と指摘した。

 公明党の山口那津男代表は7日、国会内で記者団に「5月末決着は困難な課題となった。結果を見極めながら明確に責任を問うていきたい」と述べた。

【関連記事】
徳之島3町長、一切の受け入れ拒否
首相「訓練移転だけでも」 徳之島3町長は拒否
首相、徳之島3町長と会談へ 島民2万人の反対署名で受け入れ拒否
「県外は努力目標」 首相、責任軽減へ予防線
徳之島「一部移設」断念へ 普天間問題で政府
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<ねずみ講>運営の元社長に有罪判決 京都地裁(毎日新聞)
広島被爆ピアノ NY公演ピンチ 輸送費募金 目標の4割(産経新聞)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
沖縄県知事、首相の認識は「県民の思いとずれがある」(産経新聞)
<九尺藤>カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)

鯨肉持ち帰りは「不起訴相当」 検察審査会が議決(産経新聞)

 調査捕鯨船「日新丸」の乗組員が鯨肉を個人的に持ち帰ったとして、環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)が業務上横領罪で告発し、東京地検が不起訴(嫌疑なし)とした乗組員12人について、東京第1検察審査会は不起訴相当と議決した。議決は22日付。

 検審は議決書で、乗組員の「共同船舶」社員12人が持ち帰った鯨肉は、土産や投棄、食料分だったと指摘。共同船舶が日本鯨類研究所から正当に所有権を取得し乗組員が持ち帰ることを認めたもので、業務上横領罪には該当しないと結論付けた。投棄分も所有権を放棄したものと認め、犯罪には当たらないとした。

 GPをめぐっては、乗組員が自宅などに送った鯨肉を運送会社から盗んだとして、GPのメンバー2人が窃盗罪などで起訴され、青森地裁で公判が進められている。

【関連記事】
グリーンピースが日本向け鯨肉輸出妨害 オランダ
グリーンピースの鯨肉窃盗 2月にも青森地裁で初公判
反捕鯨モンスターの影
遺伝子組み換え米、中国市場に流通? グリーンピース調査で発覚
彼らはフリーター?反捕鯨シー・シェパードの実態
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<龍馬>「いろは丸」ポルトガルから 通説覆す(毎日新聞)
氷川丸、荒波乗り越え80歳…横浜で祝賀式典(読売新聞)
青森県選管HP更新を放置、告示日掲載されず(読売新聞)
全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)
「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)

「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】藤崎一郎駐米大使は15日の記者会見で、核安全保障サミットに出席した鳩山由紀夫首相に関し、米紙ワシントン・ポストが14日付のコラムで「首相が最大の敗者」などと報じたことについて、「一国の首相に対して失礼だ」と不快感を示した。

 藤崎大使は「記事はコラムであり、ポスト紙の考え方を反映しているとは思わない」としながらも、同紙に対して抗議するのではなく、日本の立場を説明する機会を設けるかどうか検討する考えを示した。

 記事は風刺調のコラムとして掲載された。この中で鳩山首相を「不運で愚かな日本の首相」と紹介。米軍普天間飛行場の移設問題で首相のことを「まったくあてにならない」とこきおろし、「あなたは同盟国の首相ではなかったか。首相を相手にしたのは中国の胡錦濤国家主席だけだ」と皮肉った。

【関連記事】
鳩山首相は「最大の敗者」「不運で愚か」とワシントン・ポスト紙が酷評
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
普天間5月決着を絶望視 期限迫り予防線張り始めた政府 米側は柔軟姿勢伝える
鳩山首相、普天間「混乱しているよう報道され…」
「普天間」迷走で日米異常事態 国力低下必至、どうなる日本
外国人地方参政権問題に一石

議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)
<火災>2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)
シバザクラ、まるでピンクのじゅうたん(読売新聞)
山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
仙谷戦略相「首相退陣なら衆参同日選になる」(読売新聞)

【高速道路新料金】 身内からも異論「四国だけなぜ高い」(レスポンス)

新しい高速道路料金割引の波紋が広がっている。16日、四国ブロックから選出された民主党衆参両院の議員が揃って前原国交相に申し入れを行った。

[関連写真]

「どのような背景で、どのような理由でこのような料金設定されたのか、ご説明いただきたい」

徳島選出の中谷智司参議が代表して口を開く。中谷氏ほか訪れた7人の議員のほかにも「四国ブロック15人全員が同じ思いだ」と、中谷氏は訴える。

本州四国連絡橋高速道路(=本四)の上限料金は、NEXCO高速道路より軽自動車で2倍、普通車で1.5倍割高な設定がなされている。本四架橋を渡り本州の高速道路を通行すると、2つの会社の通行料を負担しなければならず、上限割引を適用しても5000円(普通車)かかる。

「本四だけ料金がかわることで、一般生活者や企業のみなさん、観光をはじめとする産業界がたいへん厳しい状況になる。本四の料金は全国統一料金の中に含めるべきだ」(中谷氏)と訴えた。

高速道路の新たな料金割引で本四がNEXCOより高いのは「フェリーや公共交通に配慮したからだ」と、前原氏は説明する。NEXCOより高い料金設定にすれば、新しい割引が始まっても利用者が公共交通から自動車に乗り換えることは抑えられるだろうという配慮だ。

しかし、中谷氏ら四国選出の議員は、なぜ高速道路の利用者が公共交通の肩代わりをしなければならないのかと怒る。

「四国だけが多額の負担をしなければならないのはなぜという感情的な問題も出てきている」(高知県選出・武内則男参議)

「見直すつもりはありません」と、決意が固い前原国交相だが、身内にすら理解されにくい施策を押し通すことができるのだろうか。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相
【高速道路新料金割引】現金利用車は上限料金を払え
【高速道路新料金割引】現金とETCの割引区別なし
高速道路無料化、公共交通に打撃は早計---馬淵副大臣
国土交通省 特別編集

<公取委>5社に排除命令 光ケーブルでカルテル(毎日新聞)
「住宅エコポイント」窓の断熱に人気 店や自治体、独自の動きも(産経新聞)
長野で一家3人不明、山林を遺棄容疑で捜索へ(読売新聞)
井上ひさしさん密葬 「残念」「遺志継ぐ」(産経新聞)
ハローワークの早期地方移管を国に要求へ 知事会PT会合(産経新聞)

【ゆうゆうLife】老いと生きる 女優・三原じゅん子さん(45)(産経新聞)

 ■通所介護施設立ち上げ 介護する母、自らの病が契機

 女優の三原じゅん子さんは3月、東京都三鷹市に通所介護施設「だんらんの家 三鷹」をオープンさせた。「介護事業所を運営するのが夢だった」と三原さん。その思いを強くしたのは父親の介護をした母の姿と自身の闘病体験だった。(文 佐久間修志)

 入所者は現在(3月中旬)は6人、スタッフは8人です。以前から車いすバスケットとか介助犬のイベントに参加していましたけど、一番興味があったのは介護でした。戦後の昭和を闘ってきた人が寂しく過ごしているのって何かおかしいなって。行政に違和感を覚えていたのかな。

 自分のおじいさんやおばあさんに接することはなかったんです。父方の両親は生まれたときにはいなくて、母方は疎遠になっていました。でも母がおばあちゃん子で、いつも話を聞いていたんです。昔ながらのいろんなことを教えてくれて、それですごく大切な存在なんだなって。

 実際に介護の大変さを見たのは15年前、脳梗塞(こうそく)で父が倒れたときでした。片まひや言語障害もあって大変でした。治りかけたら、もう1回(脳梗塞が)来て。母が介護しましたが、薬の副作用で痴呆(ちほう)のようになり、それが治まると、今度は引きこもりや鬱(うつ)が始まって。

 もともと病弱で、働いているのを見たことがないような父でしたけど、亭主関白的なところがあって。母が気の毒だと思っていました。母は50歳でしたけど、まったく自分の時間を持てない。「どこにも行けないよ〜」って言っていました。

                □ ■ □

 自分の子宮頸(けい)がんが発覚したのは一昨年の人間ドックでした。バンドメンバーの親戚(しんせき)が病院の関係者で、「一緒に受けよう」って言って、受けたらビンゴでした。日本人の2人に1人はがんになると言われていますけど、宣告されると、「がんイコール死」と思ってしまいますね。

 手術は成功しましたが、ベッドの上でいろんなことを考えました。早いうちに再発・転移って起きてくるんだろうなとか。そう思ったとき、今までの三原じゅん子は死んだような気持ちになったのかな。もう自分のために生きるのは違うなって、うん。

 今まではスケジュールが空いたら、無理やり仕事を入れるタイプ。働いていない人が、すごく悪いことをしているように思える人だった。でも、健康がどんなに大切なのかと考えてから、周りの人の健康が気になりだして。自分の持っているものを全部なげうってでも介護施設を作ろうって思ったんです。

                □ ■ □

 退院後、介護事業をしている人からいろんなお話をうかがい、去年の春ごろに動き出しました。事務所のスタッフには反対されましたね。実際、笑っちゃうくらい大変でしたから。

 去年の秋ごろに物件を見つけて契約、リフォーム。機材を集めて、スタッフを募集して、面接して雇用契約して…。全部クリアになってから事業所の申請。本当は2月にオープンしたかったんですけど、書類を全部集めるのに年をまたいでしまって。開所の日はホッとしたのが一番ですね。責任がすごく重くのしかかってましたから。

 介護はスタッフに任せています。私は管理者と話をしたり、「みなさんご苦労さま」と声をかける程度。「三原じゅん子」が施設の売りではないので。施設でなんとなくお茶を飲んだりしてるんですよ。声? かけられません。おばあちゃんたちは(三原じゅん子を)分かっていないんでしょうね。「何この人、たまにくるけど、派手めの人ね」って。

 今はお年寄りの姿を見ながら、夢が実現したという感覚よりは夢の途中。とりあえず一歩踏み出したという気持ちはあるんですけど、思ったより大変ですから。入居者さんはなかなか集まらないし、職員さんの報酬は少ない。でも、やらないでいたんじゃ何にもならないですしね。

                   ◇

【プロフィル】三原じゅん子

 みはら・じゅんこ 昭和39年、東京都生まれ。54年にTBS「3年B組金八先生」で人気を呼び、その後も女優、歌手として活躍の場を広げる。出演作はNHK連続テレビ小説「すずらん」、大河ドラマ「功名が辻」ほか多数。カーレーサーとして活動した時期もあり、現在もバンド活動を行っている。

「スカート短い」と救急救命士、女子高生盗撮(読売新聞)
サル逃げた東山動物園改修「元気な姿見に来て」(読売新聞)
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見−鹿児島(時事通信)
<薬師寺>国宝・東塔の内陣公開始まる(毎日新聞)
警察署から盗み出す、高校生らオートバイ部品を(読売新聞)

SS元船長を傷害など5つの罪で起訴 東京地検(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーが日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に不法侵入した事件で、東京地検は2日、SS抗議船「アディ・ギル号」の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍=を、逮捕容疑となった艦船侵入のほか、傷害、威力業務妨害、銃刀法違反、器物損壊の罪で起訴した。

 関係者によると、ベスーン被告は「けがを負わせるつもりはなかった」と否認していたが、地検は、「狙って投げなれば当たらない」として傷害罪が成立すると判断した。同罪や威力業務妨害罪での立件にこぎつけたことで、SSが日本の調査捕鯨団に繰り返してきた一連の捕鯨妨害行為自体が公判で裁かれることになった。

 ベスーン被告は2月11日、南極海で航行中の第2昭南丸に向かって酪酸入りのガラス瓶を発射、酪酸を飛び散らせて異臭を拡散させるなどして業務を妨害するとともに、甲板上にいた乗組員にけがを負わせた。同15日には、南極海で調査捕鯨活動中の第2昭南丸に水上バイクで接近、防護用ネットをナイフで切り、船内に不法に侵入。船内でブーツの中に刃渡り約20センチのナイフ1本を隠し持っていたとされる。

【関連記事】
SS、ベスーン容疑者を傷害などの容疑で追送検
シーシェパード、捕鯨妨害も立件へ 東京地検、元船長に傷害罪など適用
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査
Sシェパード元船長、ブーツにナイフ隠し持つ

学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
<往来危険容疑>線路に2キロの砂袋、特急が急停車 京都(毎日新聞)
<住宅全焼>焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
皇后さま 旭出学園工芸展を訪問 日本橋三越で開催中(毎日新聞)
国交省職員、わいせつ行為 兵庫県警、容疑で逮捕(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。